★ 防水・防塵機能 ★

日常的に使用するスマートフォンには、耐水性能がついているものが多くあります。海やプールなど屋外のレジャーシーンで写真を撮る時や、不注意で水がかかってしまった時に、防水対応になっていると、とても役に立つものです。

実はiPhoneとして防水、防塵機能が備わったものは、iPhone7/7 Plusが初めて。今までは防水仕様ではなかったため、iPhoneを水没させた際の対処法がよくネットで出回っていたのです。そのようなこともあり、耐水加工が加えられたというニュースは、Appleユーザーにとっては朗報でした。

防水、防塵のレベルは等級が決まっており、今回のiPhone7/7 Plusは「IP67」という等級です。防塵性能は最も高い6級で、完全防塵を表します。一方、防水に関しては8等級中の7級で、30分程度の水没ならば害がないというレベル。完全防水ではありませんが、トイレで落としてしまったり、水がかかってしまったりなど、日常生活の範囲内ならばとても便利な性能と言えるでしょう。しかし、こうした基準は「常温の真水」を想定して作られているため、海やプールで耐えることができるかどうかは保障できません。防水機能が備わったからと言って、あまり過信しすぎない方が良いでしょう。